クラスTシャツ一枚が思い出に変わる

思い出がたっぷり詰まったクラスTシャツ

高校生の体育祭や文化祭で盛り上がったのが、クラスでの催し物です。クラス全員で何かに取り組むのは小さなことでも感動してしまいます。この時ばかりは全員で団結して、良いものを作ろうと毎日奮闘するわけです。それがのちの青春の1ページとして思い出になっていきます。
そんな時によりクラスの雰囲気を盛り上げるためにうってつけのアイテムがクラスTシャツです。クラスTシャツは今や簡単に作成することができます。クラスTシャツを作るための業者があるのです。クラスTシャツ以外にも、はっぴやキャップなどお揃いのプリントをして団結力を高めることができます。しかし、一番手っ取り早く、イベントが終わったあとも恥ずかしくなく着れるのがTシャツです。
そのクラスTシャツが1枚あるだけで、思い出が昨日のことに感じられることもあります。時が経って、クラスのメンバーで集まる時も、全員同じクラスTシャツだといつでもあの懐かしい時代に気持ちが帰ることができます。全員同じTシャツを着ることになるので、デザインはとことんこだわりましょう。特殊なプリンターでプリントしてくれるので、時間もそんなに掛かりません。値段も1枚単価が安いのでお手頃な価格で抑えることができます。

クラスTシャツで合唱コンクールに挑もう

高校生の時に一番気合が入ると言っても過言では無い、文化祭。文化祭では、練習や準備の段階で既に楽しくて普段話さないクラスメートとも仲良くなれてしまう文化祭マジックなど、青春の欠片がたくさん散りばめられていますよね。そんな文化祭で恒例になっているクラス全員お揃いのクラスTシャツ作成は一段と気合が入ってしまいますよね。
悩むのがデザインです。クラスTシャツはその名の通り、クラスの名前も背負いますし、全員が同じTシャツを着るのでダサいデザインにはできません。デザインを決める時は全員が気に入るものにしなければいけませんし、実はプレッシャーの塊だったりもするんです。でも、そんな苦難を乗り越えて作ったクラスTシャツだからこそ思い入れが深かったりします。文化祭の期間中は制服のシャツの上にクラスTシャツを着て、団結力を高めます。
例えば合唱コンクールなどがあった際に、クラス全員が制服というのは面白みに欠けてしまいます。観客もあっと驚かせるようなクラスTシャツを30人ほどの生徒が着ていると嫌でも目を引き付けられてしまいます。可愛いデザインのクラスTシャツを作れば、普段使いもできますし、クラスTシャツは記念品にもなるので学生の間に作っておくことをお薦めします。